awkium: an awk interpreter


Top - 使用方法 - 機能概要 - ライブラリ - awkiumファイルシステム - awkium shell - awkium sed - bcss - Javadoc - ダウンロード

起動方法

起動方法は以下のようにします。
$ java -jar /JARファイルのパス/awkium.jar [options] [file|var=x ...]
$ java -jar /JARファイルのパス/awkium.jar [options] 'program' [file|var=x ...]
$ java -jar /JARファイルのパス/awkium.jar
$ java -jar /JARファイルのパス/awkium.jar --repl
$ java -jar /JARファイルのパス/awkium.jar --shell [shell-options]
引数なしで起動したときはGUIが使用可能ならGUIモードで、 GUIが使用不可能ならば対話型のインタプリタ(REPL: Read-Eval-Print Loop)が 起動します。

以下のオプションが使用可能です。

-F separator
区切り文字を指定します。

-f script
実行するスクリプトファイルを指定します。 このオプションは複数指定できます。
スクリプトファイルの検索には環境変数AWKPATHで定義されたパスが使用されます。 スクリプトの区切り文字はOSネイティブのものが使用されます (UNIX系では":"、Windowsでは";")。

-v var=val
変数を定義します。 変数はBEGINアクション実行の前に定義されます。

--source source
実行するソースを直に記述します。 スクリプトファイルとコマンドラインに直に書くスタイルを 一緒に使用することができます。

--version
バージョン情報を表示し終了します。

--with-cpp
awkの前段にCプリプロセッサを起動します。 Cプリプロセッサは自前で作成したものであり、ANSIに準拠しています。

--repl
対話型のインタプリタ(REPL)を強制的に起動します。

--shell
awkium shellを起動します。 シェルのオプションを指定することもできます。

GUIモード

  1. 一括編集したいパスを指定します
  2. 一括編集するときのファイルのフィルタを指定します。 UNIXシェル互換のパターンが使用できます
  3. 一括編集したいファイル名を選択するときに押します
  4. 一括編集をサブフォルダも対象にしたいときチェックします
  5. 「イミディエイト」(デバッグ)ウィンドウを表示します
  6. 区切り文字(FS変数)の種類を指定します。 デフォルト、任意の1文字、正規表現から選ぶことができます
  7. 区切り文字を指定します
  8. 入力ファイルの文字コードを指定します
  9. 出力ファイルの文字コードを指定します
  10. awkスクリプトを入力します
  11. 一括編集を実行するときに押します